カトリックの結婚準備

祭壇への歩み

カトリック教会で結婚しようとするカップルは、住んでいる教区(2つの教区に住んでいる場合はどちらかの教区)の条件に従うことが教区間で一般的に合意されています。
二人が住んでいる教区では、結婚する教区に送るためのファイルを作成します。

司祭(または助祭)との最初の接触
挙式予定日の6ヶ月から12ヶ月前に、
あなたの教区の司祭または助祭に会ってください。

このようにして得られた情報をもとにして、私たちは自分たちの生活をより豊かなものにしていきます。
結婚前のインベントリー(通常はFoccus Inventory)は、小教区で行われ、フォローアップのセッションがあります。
洗礼証明書
洗礼を受けた小教区で入手できる、6ヶ月以内のコピーが必要です。
(「洗礼を受けた」とは、父と子と聖霊の名の下に、水で洗礼を行うキリスト教の伝統的な方法で洗礼を受けたことを意味します)。)
以前の配偶者の死の証拠、または以前に結婚していた場合はAnnulment
(AnnulmentまたはDeclaration of Nullityとは何かを説明する文書)
Declaration of Nullityの可能な根拠のリストはこちら。
教区が提供するFreedom to Marryのフォーム。

  • カトリック教徒が、洗礼を受けていない非カトリック教徒と結婚する場合は、Dispensation Formを記入する必要があります
  • カトリック教徒が、洗礼を受けていない非カトリック教徒(ユダヤ人、イスラム教徒、無神論者、モルモン教徒など)と結婚する場合は、Dispensation from Disparity Formを記入する必要があります
  • カトリック教徒が、洗礼を受けていない非カトリック教徒(ユダヤ人、イスラム教徒、無神論者、モルモン教徒など)と結婚する場合は、Dispensation from Disparity Formを記入する必要があります。
  • カトリック教徒がカトリック教会以外で結婚する場合(シナゴーグ、寺院、キリスト教会など)は、正統な婚姻形式からの免除が必要となります。

自分に関係するものがわからない場合は、このリンクを確認してください。
いずれの場合も、承認されるまでには時間がかかりますので、最初の面談の際に、牧師に問題点を指摘するようにしてください。
簡単に言うと。
教会の必要条件
– 挙式日から6ヶ月以内に発行された洗礼証明書
– 挙式予定日の6ヶ月以上前に、司会の聖職者との最初の面談
– Pre-Marital Inventory(結婚前調査)の完了
– 挙式日の6ヶ月以上前に、司会の聖職者との最初の面談
– 挙式日の6ヶ月以上前に、司会の聖職者との最初の面談r
-婚姻前調査の完了
-正式な資格のある結婚準備プログラムの受講証明書
-婚姻前宣誓供述書(場合によっては)
-市民の必要条件
-出生地の市と州の人口統計局からの出生証明書の認証コピー。
– 婚姻届
準備が整ったと判断された場合は、典礼的な結婚式の計画を始めることができます。 また、教区のガイドラインや、必要な費用やお布施についても知らされます。
司祭や助祭が、あなたがまだ先に進む準備ができていないと考えた場合には、結婚を遅らせるよう勧める理由を説明します。
司祭や助祭が、結婚の準備ができていないと判断した場合には、結婚を延期するように勧める理由を説明します。
結婚が一時的に延期された場合は、地域の代表である司教代理を通して司教に訴えることができます。
正式な結婚準備

  • 結婚準備クラス(このための適切な場所にいます!)www.CatholicMarriagePrep.
  • 自然な家族計画(NFP)入門クラスまたはトレーニング(所属する教区の要件に応じて)
  • 週末のリトリートが必要な場合もあります
  • 和解の秘跡の受け取り

i

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です