アダム・サンドラー、出会いから22周年で妻を讃える。 'My forever girl'

アダム・サンドラーの人生は、22年前、いつか結婚することになる女性と出会ったことで変わりました。

コメディアンと妻のジャッキーは2003年に結ばれましたが、サンドラーはカップルになった日の記念日を祝わずにはいられませんでした。

「22年前の今日、私たちは目を合わせて深く落ち込みました。 次の22年を楽しみにしています。 “

サンドル(53歳)とジャッキー(45歳)は先日、17回目の結婚記念日という新たな節目を迎えました。

このロマンチックな投稿に、サンドラーのスクリーン上の恋人たちがコメントを寄せ、現実のカップルにエールを送りました。

「あなたたちは最高のカップルです。 !!!!」と語ったのは、『ウェディング・シンガー』、『50 First Dates』、『ブレンデッド』の3作品でサンドラーの恋人役を演じるという栄誉に浴したドリュー・バリモア。 ちゃんとやってるね。

『Grown Ups』でサンドラーの妻を演じたサルマ・ハイエックは、サンドラーがこのような「並外れた女性」と結婚できたことは「幸運な男」だと付け加えています。”

これまでのインタビューでサンドラーは、「アンカット・ジェムズ」でのドラマチックな演技で高い評価を得たように、特定の役を演じるように妻が勧めてくれたこと、またスクリーン上でのラブシーンの前にコーチングをしてくれたことを語っています。

「妻はいつも『そこに入って。 良い仕事をしなさい。 優しくね』と言ってくれます。 妻は私が一緒に仕事をしている女性たちを愛しているので、『さあ、がんばって!』と言ってくれます。 妻は私と一緒に働いている女性たちが大好きなので、『頑張れ!』と言ってくれます。 諦めなさい。

「映画をやっていて、脚本の最後に『誰ともキスをしなくていいんだ!』と思うと、とても安心します。 とにかく、それは素晴らしいことです」と語っています。 “でも、やるときはやるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です