アケイディア人のフランス語

文脈

カナダのアケイディア人は、1755年に始まった国外追放(大激変とも呼ばれる)の後、亡命から戻ってきたアカディアの住民の子孫です。 彼らが住んでいた土地の多くは、イギリスの植民者やアメリカのロイヤリストに引き渡されました。 その結果、現在のアカディア人コミュニティのほとんどは、かつてのアカディアの歴史的境界線の外側に位置することになりました。

現在では、大西洋の4つの州とケベック州の一部にアカディア人のコミュニティがあり、特にマグダレン諸島、ガスペ半島南岸のいくつかの村、セントローレンス河口の北岸にあります。

Acadian Flag

ノバスコシア州のウォルフビルに掲げられているアカディアの旗。

初期のアカディア人のフランス語

アカディア人の最古の音声記録は、19世紀半ばから後半に生まれた話者のものです。

初期のアカディア人のフランス語がどのように話されていたかを知るためには、個人的な手紙や日記など、いくつかの文書資料があります。 しかし、初期のアケイディア人のほとんどは読み書きができなかったため、これらの文書はほとんどありません。 これらの数少ないアカディア人の文書資料に加えて、18世紀フランスの演劇や対話、個人的な手紙や旅行者の日記などの他の資料も、当時のアカディア人がどのように聞こえていたかを復元するのに役立ちます。

現代のアカディア人のフランス語に見られる伝統的な言語的特徴としては、動詞の一人称複数形にnous(私たち)ではなくje(私)という代名詞を使用すること(私たちは歌う:nous chantonsではなくje chantons)、三人称複数形に-ontという語尾を使用すること(彼らは歌う:ils chantentではなくils chantont)、単純過去形を使用すること(私は降りた:je descendis)などが挙げられます。 他にも、donner(与える)の代わりにbaillerを使ったり、pomme(リンゴ)やhomard(ロブスター)のようにoの代わりに音を使ったりする例もあります。

また、アカディアのフランス語は、je vais(私は行く)の代わりにje vas、être en train de + infinitive(何かをする途中である)の代わりにêtre après + infinitive、maintenant(今)の代わりにastheure、parce que(なぜなら)の代わりにà cause queを使うなど、多くの用法がケベックのフランス語と共通しており、また、erの発音も同じです(例えば、personneの代わりにparsonne)。

アケイディアン・フレンチは、フランスの植民地時代にルーツがあることを反映しています。

アカディアのフランス語は、地域によって異なります。例えば、ニューブランズウィック州とノバスコシア州では、言語学者のカリン・フリケイド氏が、あるフランス語の母音の発音が異なることを発見しました。 言語学者のルース・キング氏は、プリンス・エドワード島とノバスコシア州のいくつかのアケイディア人コミュニティでは、16世紀と17世紀のフランス語の話し言葉の典型的な特徴のいくつかが保存されているが、ニューブランズウィック州ではほとんど保存されていないと観察しています。

英語の影響

アケイディア人のフランス語のもう一つのよく知られた特徴は、英語との接触の影響です(「カナダのフランス語」を参照)。 この接触は、フランス語を話す人が多数派の地域(例えば、ニューブランズウィック州北東部)では、少数派の地域(ニューブランズウィック州南東部の都市モンクトンやノバスコシア州の一部地域)よりもはるかに弱い。 後者のコミュニティでは、フランコフォンの人たちは、英語から用語を借りて、伝統的なアケーディアン・フレンチの会話に取り入れることがよくあります。

言語学者のMarie-Ève Perrot氏は、モンクトンで16歳から19歳の若者を対象に行った調査から、このような例を挙げています。

pretty much tou/t/ mon argent vient de mes parents / un jour / well soon faudra j’arrête de bummer off zeux à cause comme / je sais qu’ils pouvont pas afforder de me faire vivre pour toute leur vie (かなりの額のお金は両親からもらっています。 まあ、そろそろ親からのおこぼれをやめないといけないけど、親は一生私を養う余裕がないのはわかってるからね)

ここでは、英語からの借用語である、「pretty much」はpresque、「well」はben、「soon」はbientôt、「bummer off zeux」(彼らを叩き落とす)は「vivre à leurs dépens」(彼らの費用で生きる)。 また、「tout」の最後のtの発音や、「parce que(なぜなら)」の「à cause」、「ils pouvont」の「ils peuvent(彼らはできる)」などの用法も共存しています。

一部では軽視されていますが、主にモンクトン周辺の人々にとって、「キアック」はアケイディア人としてのアイデンティティの一端を担っています。 最近では、多くの人がchiacを祝うようになってきました。

Behind the scenes:

Behind the scenes: Reconstructing 18 century Acadian French for the Acadian Deportation Heritage Minute

現代の様々なアケイディアン・フレンチは、18世紀に話されていたアケイディアン・フレンチと完全に一致するものはありません。

DID YOU KNOW?
「アケイディアン・デポート・ヘリテージ・ミニッツ」のナレーターが話す18世紀のアケイディアン・フレンチは、ノバスコシア州南西部、特にアーガイルとクレアのコミュニティで話されていた2種類のアケイディアン・フレンチをベースにしています。

強制送還後に設立された多くのアケイディア人のコミュニティは、異なる地域から来た人々で構成されており、おそらく異なる種類のアケイディア系フランス語を話していたと思われます。 しかし、ノバスコシア州南西部のアーガイルとクレアのコミュニティは、この一般的なパターンとは異なります。

アーガイルの場合、大混乱の前にいくつかの村が設立され、アカディア人が元のコミュニティに戻ってきました。

アーガイルの場合、いくつかの村は大混乱の前に設立され、アカディア人が元のコミュニティに戻ってきました。

研究によると、さまざまなアケイディア人のコミュニティにはかなりの多様性があります。 いくつかの研究では、アーガイルとクレアの自治体で話されているフランス語は、他の多くのフランス語の話されている品種では失われている多くの言語的特徴を保持していることから、アケイディアのフランス語の中でも最も保守的な品種であると指摘されています。 そのような特徴には次のようなものがあります。

  • je veux point ça (I don’t want that) のように point を否定のマーカーとして使い、je veux pas ça のように pas と一緒に使われています。
  • /r/を口の奥ではなく前で発音する(すなわち、apical /r/)。
  • 三人称複数の文脈では、動詞の接尾辞 -ont を使います。
  • 現在接続法(fallait qu’ils alliont)を一般的に使用するのではなく、fallait qu’ils furent(彼らは行かなければならない)のように不完了体接続法を使用します。

発音、動詞の活用、文の構造、単語の選択などの言語的特徴に関する選択は、ナレーションが18世紀のアケイディア人のフランス語にできるだけ似るように行われました。

「on」と「Je…ons」

現代のフランス語では、一人称の複数の主語は、2つの異なる形式で表現することができます。

現代のフランス語では、一人称複数の主語は、代名詞onを使う場合(例:食べている:on mange)と、代名詞nousに動詞の接尾辞-onsをつけて使う場合(例:食べている:nous mangeons)があります。

歴史的には、代名詞 je に動詞の接尾辞 -ons を付けて je mangeons (we’re eating) のように使うという第3の形もあります。 現在、ノバスコシア州南西部の品種が je…on 形式を維持していることから、18世紀のアカディア人のフランス語にもこれらの形式があったと考えられます。

フランス語のいくつかの社会史的資料は、フランス語の歴史の中で je…ons の形が存在していたことを示しています。 例えば、言語学者の Ruth King 氏、France Martineau 氏、Raymond Mougeon 氏は、一人称複数形の詳細な分析の中で、je…ons 形式は、少なくとも 19 世紀まではフランスの都市部で使用されており、一人称複数形の on に取って代わられたことを示しています。 彼らの分析は、3世紀にわたる演劇、文法学者の解説、20世紀初頭の言語地図のデータなど、多くの資料に基づいています。

“Ouisme”

語り手の会話に含まれるもうひとつの保守的な言語的特徴は、開放的なo母音をas(「スプーン」のように)と発音することに関するものです(例, man: homme vs. houmme, like: comme vs. coumme, good: bonnevs. bounne)、言語学者の間では「ouisme」と呼ばれる現象である。 現代のアカディア系フランス語(ノバスコシア州南西部を含む)にもその存在が確認されているほか、フランス語の歴史の中にもOUISMEが見られます。 アカディア人は主にフランスの中西部から来た人々ですが、フランスではもっと広くouismeが使われています。 R.アンソニー・ロッジは、パリで話されているフランス語の社会史的研究の中で、少なくとも18世紀まではパリのフランス語でも使用されていたと報告しています。 ouismeが現代のアカーディアンのフランス語にも見られ、18世紀までのヨーロッパのフランス語にも見られたという事実は、18世紀のアカーディアンの話者が「hoummes」と言っていた可能性が高いことを示唆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です