ほとんどの分化型甲状腺がん患者の余命は正常

11月20日 2012
1分で読める

保存

Issue: December 2012
Source/Disclosures
Published by:

電子メールアラートにトピックを追加する
に新しい記事が投稿されたときにメールを受け取るには、あなたのメールアドレスを入力してください。

Subscribe

ADDED TO EMAIL ALERTS
アラートへの追加に成功しました。 新しいコンテンツが公開されるとメールでお知らせします。
Click Here to Manage Email Alerts

アラートへの追加が完了しました。 新しいコンテンツが公開されるとメールでお知らせします。
Click Here to Manage Email Alerts
Back to Healio
あなたのリクエストを処理できませんでした。 後ほどもう一度お試しください。 それでも問題が解決しない場合は、[email protected]
Healioへ戻る

ドイツの分化型甲状腺がん患者の85%以上が、一般人と比較して余命が短くなかったことが、Journal of Clinical Endocrinology & Metabolismに掲載された研究のデータで明らかになりました。

University Hospital AachenのFrederik A. Verburg医学博士らは、1980年から2011年にドイツのヴュルツブルク大学で分化型甲状腺がんの治療を受けた2,011人の患者を対象に、前向きのデータベース研究を行いました。

患者は最初の5年間は6ヶ月間隔で追跡され、その後、甲状腺刺激ホルモン抑制療法中は年1回の間隔で追跡されました。 追跡期間の中央値は診断後85カ月(7.1年)であった。 しかし、20年以上の追跡調査を完了した患者は187人(9.2%)しかいなかった。

研究チームは、対象者を年齢別に、30歳未満、30歳から44歳、45歳から59歳、60歳以上の4つのカテゴリーに分類しました。 診断時の年齢が45歳以上で、甲状腺周囲への広範な浸潤(ステージIVAおよびIVB)、側頸部リンパ節転移(ステージIVA)、遠隔転移(ステージIVC)を有する患者は、余命が短く、相対的累積生存率は、0.

最後に、診断時の年齢が60歳以上の患者さんは、45歳から59歳の患者さんに比べて、余命の減少が大きいことがわかりました。 しかし、腫瘍・リンパ節・転移(TNM)ステージがI、II、IIIの患者(86%)では、余命の減少は見られなかったと結論づけています。

開示事項:本研究の研究者のうち3名は、Genzyme社との経済的関係を報告しています。

ADD TOPIC TO EMAIL ALERTS
新しい記事が投稿されたらメールで受け取る
新しい記事が投稿されたらメールで受け取るには、あなたのメールアドレスを入力してください。

Subscribe

ADDED TO EMAIL ALERTS
アラートへの追加に成功しました。 新しいコンテンツが公開されるとメールでお知らせします。
Click Here to Manage Email Alerts

アラートへの追加が完了しました。 新しいコンテンツが公開されるとメールでお知らせします。
Click Here to Manage Email Alerts
Back to Healio
あなたのリクエストを処理できませんでした。 後ほどもう一度お試しください。 それでも問題が解決しない場合は、[email protected]
Healioに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です